埼玉・越谷・しらこばと橋そばの歯科医院
岩佐歯科医院
ホームページを見たとお伝え下さい
048-969-1388
しらこばと橋
歯を「治す」から「守る」医療へ!

岩佐歯科医院
〒343-0822 埼玉県越谷市西方2-6-1
TEL:048-969-1388

硬い食べ物はトラブルの元です

 硬いものを咬んで顎を鍛える、あるいは、硬い食べ物でかむ回数を増やすというようなことは良いことだという考え方があります。しかし、硬いもので顎を鍛えられるのは成長期の子供までです。成長期の終わった大人はやってはいけません。

 ところで、歯科医院の治療でかぶせものの調整が足りなくて、高すぎたという経験はありませんか。
 高すぎるかぶせものを入れてしまうと、本来ほぼ均等にかみ合っている上下の歯のかみ合わせが狂ってしまいます。それが原因で肩、首の凝り、頭痛などが起こったり、あるいは、その歯に力が集中するために歯がぐらついてきたりします。


 硬すぎるものを食べたときの状態を右図に示しました。硬くてかみ切れないと上図と同じ状態になります。つまり、硬すぎるものを食べたときと高すぎるかぶせものが入ったときは同じ状態になります。高すぎるかぶせものが入ることは、歯や身体に悪いのは常識的にわかると思いますが、硬い食べ物も全く同じことがいえます。統計は取ってはいませんが、硬いものを好んでよく食べる方は、歯が悪い傾向にあるようです。また硬いものをやめたら頭痛が出なくなった。あるいは体調が良くなったという方もいらっしゃいます。
 食べ物の硬さの目安として、かんだときに食べ物が硬くてご自身の上下の歯が全然ぶつからないような食べ物は硬すぎて、歯および身体に良くない食べ物といえましょう。

↑ページトップ

お役立ち情報




 

 随時更新中です
↑ページトップ