埼玉・越谷・しらこばと橋そばの歯科医院
岩佐歯科医院
ホームページを見たとお伝え下さい
048-969-1388
しらこばと橋
歯を「治す」から「守る」医療へ!

岩佐歯科医院
〒343-0822 埼玉県越谷市西方2-6-1
TEL:048-969-1388

歯の痛みの応急処置法

 歯が痛くなってしまった場合、すぐに歯医者に行くのが基本です。が、夜に急に痛みだしたり、仕事の都合でどうしてもすぐに歯医者にかかれない場合も少なくないと思います。そのような時は痛み止めの薬で抑えるのもひとつの方法ですが、ここではアイシングという方法をご紹介します。
 アイシングは正しく行えばとても安全な方法ですが、やり方を誤ると危険で事故にもつながりますので、必ず、本文の指示を守って下さい。また、腫れがしばらくしこりとして残る場合がありますので、顔が変形するほどの腫れの場合はやらないで下さい。
 アイシングとは文字通り、氷で冷やすことですが、最近ではプロ野球のピッチャーが試合後のヒーローインタビューの時に肩をアイシングしている姿をよく見るようになりました。ピッチャーの大切な肩をアイシングするくらいですから、アイシングは正しく行えばとても安全な方法ということがいえます。
 このアイシングで必ず守らなければならないことがあります。それは氷を使うということです。0℃ということが重要です。ですから、ジェル状のものや水以外のものを凍らせたものは厳禁です。事故につながります。また、冷たい水や冷却シート、湿布等ではあまり効果が期待できません。氷が融けて水に変わることを融解といいますが、この時の莫大なエネルギー吸収を利用します。

 アイシング用氷の作り方

氷のイメージ
 氷を冷凍庫から出します。


氷を水に浸したイメージ
 パチパチッと音がしなくなるまで水に浸して下さい。(必ず行って下さい。)


氷を袋に入れたイメージ
 水は捨て、ビニール袋に入れてしっかり結びます。(袋を二重にしたほうが良いでしょう。)


 この氷の入った袋をタオルなどを介さず直接痛いところの皮膚に付けて下さい。初めは冷たすぎて痛いくらいですが心配要りません。そのまま付けていて下さい。次第に慣れてきます。炎症がひどくて発熱している場合はだんだん心地良くなってくるでしょう。袋を支えている手が冷たくならないよう、袋と手の間にタオルを挟むと良いと思います。くれぐれも風邪など引かないように布団など掛けて体は冷やさないで下さい。

↑ページトップ

お役立ち情報




 

 随時更新中です
↑ページトップ